ドア

2011/08/30 Tue 18:55

ドアにどんぐりモチーフの飾りを付けました。
ドアはまだ仮止め状態。


blo114.jpg
目鼻を付けたら、大仏くんになりそうね。

4面中3面に壁を付けると、写真が取りづらい・・・。

ミニチュア | コメント(2)

日常でのネタ

2011/08/27 Sat 12:30

地元で国際絵本展というものが開催されていたので、
絵の勉強にもなるかもーと思い見に行きました。
60代後半とおぼしきご夫人が受付。
「奥の小部屋には・・・」と、
言ったっきり言葉が続いて出てこない。
奥の小部屋に・・・なに?なんなのぉー?!
・・・わかりました。ご禁制の密売所があるのですね。
絵本展とは良い隠れ蓑ですね。
なーんて、内心一人ボケをかましてたら
やっと「原画展をやっておりますので・・・」との言葉。
・・・あっそ。そんじゃまず原画の方を・・・
と思って見に行った。ありゃ?原画の割にはずいぶんとまぁ
むき出しで飾ってあるのねぇ・・・ってよく見たら、
思いっきりなプリント品です。
もー原画じゃないじゃーん。大丈夫か?受付(老)嬢。

と、これはさておき、今度、ワタシの例の習い事関連の
スクールの催しもので、ちっちゃな展示会に
参加させてもらうことになりました。
(ちっちゃいんだけど、でも協賛元はデカい。)
大きなクリアボックス内に、与えられたテーマにそって
アートを展開するというもの。
話を聞いて参加を決めてたときは、まだテーマもなく
ボックス内に自分の作品を好きな風に飾っても良い・・・
と聞いていたので、ドールハウスやイラスト、
それを利用した雑貨などを飾る予定だったんだけど、
この度、正式決定が出て、テーマがあり、ボックス内では決められた
使用条件がありそれは絶対なので、ワタシの描いていた計画は
思いっきり白紙状態に。
ボックスは、普段小さなものを作っているワタシにとっては
かなり大きく、テーマが漠然っぽくもあり、
いつも通りというわけにはいかない。
なので、イラスト世界&ドールハウスの世界をアレンジ
した方向でいくことにしたほうがよさそう・・・。
しかも!締め切り期限が今から約一ヶ月と少し。ぎゃーっ。
絵描くのは遅いし、考えながら進行していくため
すぐにでも取りかからなきゃ・・・やばしっ。
アクリルボックスは頂けるとのことで(おおっ!
しかーし!うちには置き場所がなーいっ(笑)、早速もらった。
(ボックスが目の前にある方が、イメージが湧き易いし
製作サイズもはっきりするから)
それを電車の吊り棚に置き、自分の最寄りの駅に着く迄
時々、それを見ながら、「どう展開するべぇ・・・」と考えた。
先生にアドバイスもらったけど、絵のスキルが低いワタシには
むずかぴー。
ミニチュアワールドに関しては、今迄の概念を少し捨てた方がよさそーだ。
とりあえず、おおざっぱには整いましたー!ので、
紙に構成とか書き出して、グツグツ煮ていこう。

これの他にも、そろそろ委託品の補充の製作にも
とりかかろうと思うので、若干忙しくなりそーです。
当然、今製作中のクマの部屋は一時中断。
緊急事態なので、中身ごっそり今度の展示物用へ・・・。

とりあえず、数日中には、クマの部屋中断前の写真だけでも
アップします~。






雑談 | コメント(0)

家具

2011/08/23 Tue 20:05

机やらソファ等の家具を製作中です。
ソファはキャスト製。最初は一点物にしようかと
思ったけれど、一点ものにするにはもったいない
ような気がする~・・・と心変わりが発生したので
複製することにしました。いつもは皿とかコップの
ような小さなものばかりの複製で、
こんなデカイものは初めての試み。
キャスト製なので重さは結構ヘビー級。
せっかくシリコン型を作ったけど~
いつもより、作業がしんどく感じちゃって
(キャストやシリコンゴムの消費量が、ミニチュア皿やコップより
ハンパないのであった)
合計2個作ってあるけど、もうはやお呼びでない状態になりそう・・・。


パーツごとに作って、組み立てた方がよかったな・・・。

間違った心変わりだったかも・・・あいーん。

ミニチュア | コメント(2)
ベスト・キッドのリメイク版を観ました。
リメイク版は、ジャッキーチェンとウィル・スミスの息子が出演。
原題は「ザ・カラテキッド」だけど、リメイク版は
ジャッキー・チェンが師匠なので、カラテではなくカンフー。

物語の筋は、まぁまぁ旧作と流れは似ています。
デトロイドから北京に母親とともに引っ越して来た
主人公が、ヒロインと関わったことから
カンフーの得意ないじめっ子達にいじめられ、
ある日、学校帰りに路上で汚い水の入ったバケツを見つけ、
不意打ちでその水をいじめっ子達にぶっかけたら、
もちろん相手は激高。
逃げるけど捕まってカンフーでボッコボコにされて
とどめをさされる所に、ジャッキー扮する主人公の住む
アパートの管理人ハンさん登場。ハンさん今度はいじめっ子達を
ボッコボコ。(拳が出そうになるんだけど、そこはこらえて、
結果、いじめっ子達を盾にして仲間同士相打ちの形に持っていった)
元々は、いじめっ子達にカンフーを指導している先生に
問題があるということになり(素人相手に容赦なくカンフーを使うから。
空手の世界で例えると、黒帯が一般人に技を使う感じか)、
主人公はハンさんと共にいじめっ子達が習っている
カンフー道場へと向かいます。
ここの師範がまーひっどい奴で、教えは「情けは無用」。
練習でもかまわず相手にとどめをささせるのです。
とどめをさせなかった生徒には・・・ビンタ。

この師匠も、よくもうちの生徒可愛がってくれたな、あんた大人なのに
的な感じで文句を言ってくるんだけれど、ハンさんは
1対1ならいいけれど、6対1はフェアじゃないと反論。
(主人公は12歳で、いじめっ子軍団の年齢は不詳だけど
恐らく1~2学年ぐらい上で、しかも主人公より背が大きい)
じゃぁ1対1ならいいんだな・・・っつーことで、
主人公は急遽、今度のカンフートーナメントに出場することになってしまいます。
今度とは言っても、多分2~3ヶ月後ぐらいの話じゃないかしら・・・。
ここから、ハンさんによる特訓が始まるんだけど、
練習内容が、ジャケットを落とす→拾う→木の棒にかける
→着る→ジャケットを落とす→拾う→木の棒にかける・・・
の繰り返し、繰り返し、繰り返し。
1000回以上もやれば飽きるもんで、ある日主人公キレました。
いつまでやらせるんじゃいっ!と。もういい!
となったとき、ハンさん彼にジャケットを落とさせます。
も~!と落として拾わせるとき、ハンさんの攻撃炸裂。
だけど拾う仕草(かがむ姿勢)でこの攻撃を除けられます。
木の棒にかける仕草は両手を前に出す事で、
相手の垂直キックを防ぎ、腕をぐるんとまわしてジャケットを
着る仕草は相手の手による攻撃を防ぐ事ができます。
そう!いつのまにか、主人公はカンフーの基本動作を身につけていたのでした。
すっごーいっ!これで強くなれるんだったら、ワタシも明日からやろうっ!(笑)

(旧作だと、うろ覚えだけど、確か主人公に日系人空手師匠は
壁のペンキ塗り(手首のアップ、ダウン)、車磨き(だっけかな?)
雑巾で拭く仕草が避けの動作訓練になってたような気がする。)

ハンさんは悲しい過去を持っていて、自分の運転する車の運転で
奥さんと子供を亡くしており、過去の写真を見るシーンがあるんだけど、
写真のジャッキー・チェンは・・・ほぼ昔のウッチャンでした。
笑っちゃいけない。これは真面目なシーンなんだから。

大会当日、ハンさんルールブック片手に主人公に簡単にルールを伝えます。
ハンさん・・・あんたルール知らんのかいっ!って感じ。
所々、ちょっぴりギャグの要素も入ってます。
いじめっ子軍団の師範の卑怯な作戦も入りつつ、でも最後はお約束の終わり方。
いじめっ子軍団や他の生徒達も、卑怯な師範に愛想をつかし、
ハンさんの所にダーっとやってきて、ハンさんに敬意を表します。
今日からあなたについてきますって感じじゃないかな。

所々設定が不明なところや強引な展開もあったけど、
なかなかおもしろかった。




おもしろいもの | コメント(2)

ドアノブ

2011/08/19 Fri 21:49

お花のモチーフのドアノブを作りました。
塗装はゴールドでアンティークっぽくハゲ散らかした(笑)感じに。
ドアにしちゃぁ厚さが薄いけど、フェイクドアにするので
これでオッケー。




油粘土の話の続き。
買ったお店に電話したら交換してくれるということなので、
お店に行って交換してもらいました。
で、さっそく開封して様子をみたら・・・
げげ。状態まったく同じ。ただ今度のは若干柔らかいかも。
以前買った方の粘土がラップに包んで少しあったので、
比べてみても全然ちがーう。
これはもしや・・・製品の質がチェンジしたのかいな?
と思って、今度はメーカーに電話してみた。
(メーカーサイトに小さくメールでの問い合わせフォームがあったんだけど、
ネット情報で、ここに問い合わせてもありきたりの返事しか
返ってこないと得たので、電話することにした。)
答えは変えてないとのこと。
事の内容を伝えたら、温度の低い所に置いておくと
粘土の状態が変わるかもしれないから、温度の高い所で
使ってみてくれって言うんだけどさ、
この時期、毎日高温が続いてるわけじゃん?
その高温の中で何分も練ってみたけど変わりませんー
って言ったら、とにかく温度の状態を変えてしばらく練ってみてちょうだいの
一点張りで、っつーことはですよ。今度はサウナの中で練ってみそ
ってことかいな?それとも火口付近へ行けってか?
何を何度言っても温度の状態を変えた状態で~の
繰り返しで、それでも変わらなかったら交換してくれるとのこと。
これ以上温度の状態の変えようはないし~、
(ちなみに以前の物は、冬場のめちゃくちゃ
寒いときでも問題なかったのよ)
しばらく練り倒しても変わらないし、
品質をまったく変えてないのなら、
恐らく、メーカーもしくは店舗の管理状態がよろしく無い
可能性もあるでしょう。とりあえず、
「わっかりましたー。やってみまーす。」と答えて電話を切った。
内心、もう貴社の油粘土を買う事はありますまいと思いながら。
油粘土の登場は、今の所、両面の型取りぐらいしかないし、
別の油粘土買う程必要ではないので、完全消費するまで、
我慢してこれを使う事にした。
もう交換手続きは面倒なので、交換ならびに返品する気はないの。
ただ、品質が変わったんならそれはそれで納得するんだけど、
パサパサの状態が気になるだけ。
あーこんなことなら、モデラーさんの中では評判の良い
ほいく粘土にしときゃぁよかった・・・。

先日の速攻壊れた扇風機といい、
怪しげなものばかりつかまされてる今日この頃・・・。(-_-;)
なんか良い事ありますよーに。



ミニチュア | コメント(0)

こんなんだっけ・・・?

2011/08/17 Wed 17:38

型取り作業で必要なのが油粘土。
約5年前ぐらいに買った油粘土がここに来て突然
変色&カビ?みたいなのが発生したので、残りわずかでポイッ。
また同じメーカーの物を買い、
開封して触ったら、あれれ?なんか感じが以前と違うんですけど。
ワタシが知ってる油ねんどは、ねっとりしてるんだけど
今回買ったものは、パサパサ。練っても練っても
パサパサ解消されず。品質をチェンジしたのか、
それとも不良品か?ネットで調べたら、パサパサの
油粘土は経年で油分が失われるっていう記述があった。
でも、ワタシが買ったのは新品なんだけどなぁ。
メーカーに問い合わせようとメーカーのサイトを見たら、
メアド書いてなし。袋に書いてある電話番号に
電話しろってか。めんどくさいなぁ。
口で説明って大変なのよん。
それとも、買った店に直接持って行って「どやさ?」
って見せて聞いた方がいいのか・・・。

シリコンゴムも、ワタシがいつも使用しているものは
開封後約4~5ヶ月ぐらいでアウトになるのが、はっきりとわかった。
硬化剤入れたとたんに、なぜか速攻固まってくるの。
おまけに気泡ボコボコ発生するし。
問題無く固まるけれどね。
今ちょうど、初めての大型の物の型取り最中で、
タイミングよく全部使ってやった。

硬化関係の作業は、冬場より夏場の方が作業がし易いです。
ただ・・・暑さでやる気メーターがぎゅーんっ!と下がるから
作業量が減っちゃうのが難点だな。
せっかくの硬化ベストシーズンなのにさー。






ミニチュア | コメント(0)

プレッツェル

2011/08/13 Sat 12:53

いつも行列が出来ているAuntieAnne'sという
プレッツェル屋さんがあるのですが、
待ち人が4~5人ぐらいしかいない場合は、迷わず並んで買います~。
(行列嫌ーい。これぐらいの人数なら我慢出来る。)
プレッツェルというと、クッキーぐらいのサイズの
固くて大概はおいしくない物が有名ですが~、
ここのプレッツェルは大きくて食感はもちもちっとした
パンのような食感です。
写真はシナモンシュガー。買った直後はシナモンシュガー満載
だったけど、翌日になったらほとんど溶けてしまった。


味が5種類あって、ワタシはオリジナルとシナモンシュガーが好き。
袋にも書いてあるし、お店の人も「焼きたてをお召し上がりください~」
って言うんですが、確かに、焼きたてもしくは、
焼いた当日の方が柔らかくてもちっとさくっとおいしい。
翌日になると、暖めても焼きたてのもちもち感は無くなってる感じ。
ちょっとあごが痛くなるかな。焼き時間を指示時間よりも
長く焼きすぎると固くなって、 噛むのに疲れて口の中に
含んだまましばし小休止になることも・・・。

これがワタシには聞き取れないんだけど、
客がある特定のものを注文すると
店員の一人が「○○注文はいりました~!」みたいなことを
叫ぶと他の店員全員が「○○○○~!」っておそらく
サンキューでーす!みたいな事を叫んでいるのかなぁ?
自分がその「ある特定の物」を頼んで、
店内大合唱的な感じになったら、いやだわぁ・・・。
プチ罰ゲーム・・・。



雑談 | コメント(0)

ストライプな壁で

2011/08/11 Thu 17:15

やりたい事がチョモランマ程あるのだけれど、
この殺人的な暑さでなかなかはかどら~ず。
どうなってんだこの暑さ。

先日作った床に壁を建てました。今回はL字ではなくコの字スタイルです。
通常のボックス的な感じではなく、ちょっとした演出を考えてます。
一応1/12ですが、住人はミニクマなので壁は低めです。
フロアサイズ:約14センチ×14センチ
フロア面からだと壁も高さ約14センチです。内部はほぼ四角ですね。



ミニチュア | コメント(0)
以前から、ネット販売を計画していましたが、
この度、ようやくネット販売を開始しました。
とは言っても、ワタシ自身が販売するのではなく、
april showers (エイプリルシャワーズ)さんという
オンラインショップのお店屋さんでの委託販売という形になります。
april showersさん用に食器等を殆ど新しく作りました。

えっと、まずはapril showersさんのご紹介をさせてくださいね。
april showersさんは、Wee Forest Folkという小さなネズミちゃんの
置物を扱っている正規輸入店です。
他にもシュタイフ社のテディベアや素敵な雑貨を
取り扱ってらっしゃっています。
april showersの佐久間さんは、この前のミニチュアショウと
同時開催されていたちっちゃかわいいもの展に出展なされていました。
そこでお会いして、委託販売のお話を頂きました。
佐久間さんのお店や商品に対する愛情、気持ちと努力が
すばらしかったので、この方なら・・・とお願いする事にしました。

Wee Forest Folkというのは、アメリカのマサチューセッツ州に住む
Petersen一家が作る、小さなネズミちゃんの置物を製作している
家族経営の会社です。ネズミちゃん製作を始めたお母さんは、
現在90歳ぐらいの方らしいです。創業は1972年とのこと。
娘さんと息子さんがいて、一見すべて同じネズミちゃんに見えますが、
実は制作者によって、それぞれ少し違うらしいです。
このネズミちゃん達、そんじょそこらの
ネズミちゃんの置物とは違いますよ!それぞれに「生活」を感じられるのです。
スポーツしていたり、お料理していたり、家事をこなしていたり、
花を売っていたり、フラフープしていたり、お母さんが小さな
赤ちゃんネズミをお風呂に入れていたり、ハロウィンで仮装していたり
などなどなど!とにかく各ネズミちゃん達の日常生活が
伝わってくるのです。作りが細かく、各ネズミちゃんのしぐさも可愛いの。
Wee Forest Folkにはコレクターも多く、過去に制作された
作品は廃盤扱いとなり2度と作られないので、お値段も高くなったりするぐらい。

ミニチュアショウで、実際のネズミちゃん達を拝見させて頂いたのですが、
全員がめっちゃくちゃ可愛いの!ほんとどれもこれも
精巧に出来ていて、小さなつぶらな瞳、「生活のワンシーン」を感じる構図。
見ていて飽きませんでした。どれか一匹連れて帰りたかったのですが、
そのときは、ワタシも出展者だったのでゆっくりと
吟味している時間もなく(^_^;)、後日、Wee Forest Folkのサイトの
カタログで、ワタシの乙女心をぶち抜いてくれたネズミちゃんを
みつけたので、佐久間さんにお願いして取り寄せて頂きました。
それがこのネズミちゃん!じゃじゃーん!
blo105.jpg

どうですか。めちゃくちゃ可愛いでしょ?
(デザインに食べ物が絡んでると弱いんだなぁ)
しかもすごく小さ~い!高さ約3.3cm、ネズミちゃん部分が約2.2cm。
このネズミちゃんは他のネズミちゃん達より小さいシリーズのもの。
隅々まで細かいことっ!後ろ姿もプリティー。
blo106.jpg

ワタシの作品とWee Forest Folkのネズミちゃん達を
ぜひぜひよろしくお願いします~。
blo107.jpg

ミニチュア | コメント(2)

手探り・・・

2011/08/04 Thu 00:06

新たに2体参上!
右のクリーム色クマは、目を真ん中に寄せ気味にして、
鼻と口を大きくしてみました。コミカルな感じ。全長約5.5cm。
左のパッチワークっぽいクマはウルトラスウェード製。
これまた毛付きの布とは違う感触。針を刺してもズレること。
ちょっと苦手かも。手足はボタンで止めました。全長約5cm。
どちらも同じ型紙なのに、素材によって大きさも変わるみたいですね。
なるほど、なるほど。


フェルト製の練習クマはなかったことにして(笑)、
それ以降に作ったベアーズ工房(なんじゃそりゃ)の集合~。
blo104j.jpg

話はまとまりそうにありませんね。

うまく出来たクマちゃんには、チョーカーを付けました。




ミニチュア | コメント(0)
 | HOME |