スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

テディベア

2015/06/24 Wed 00:12

ねぇミィちゃん。何色のクマを作ったらいいかしら?
blo735.jpg
そう言うと思ったぁ〜。

てな訳で、気分転換とついでにユニクロへ買い物をしに
隣の街までチャリンコを飛ばし、気分転換先の図書館へ。
いろいろなジャンルの本をパラパラ読み。
そこでテディベアのコレクターが書いた本がありました。
100年以上前の傷んだ状態のアンティークベアが写真付きで紹介されていて、
何体かの作者は「unknown」すなわち、作者不明のベア。
これを見て、ふっと思った。
ワタシが過去に作った、またはこれから作るミニチュアテディベアが
100年後、たとえ一体でも「unknown」になって残っていたらすごいなぁと。
作った本人がいなくなっても、作った「物(作品)」はどこかで残っている・・・。
ミニチュアだから、どこかでいつかは紛失してしまう事もあるでしょう。
たとえボロボロになっても、「unknown」になって残っていたら、
その時の持ち主に感謝だなぁ。
100年以上前のベアの作者だって、まさか100年後も自分が作ったベアが
残っているとは思っていなかったかも。

気分転換も完了したので、製作進めま〜す。

ミニチュアテディベアのメイキングをちょこっと。
ビスコースのベアを作る時にすること。
布地の切り口辺りを、ほつれ止めのためのボンドを薄く塗って、下準備をしています。
ワタシの場合、これをしないと縫っている時や、
布地をひっくり返した時に布地がボロボロとほつれてくるのです。
この処理をすると、布地が強くなります。
blo736.jpg

ミニチュアファーは基本、下準備は必要ないのですが、
ほつれてくる場合もあるので、処理をするときもあります。


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

第23回日本テディベアwith Friendsコンベンションに出展予定です。
当方のブースは、A05です。
場内MAPはこちら

日時:7月18日(土)12:00〜17:00 ※会員プレビューは、11:00〜12:00です。
7月19日(土)10:00〜16:00
入場料一般¥1,000
会場:東京国際フォーラム地下2階 展示ホール2
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-5-1

会場へのアクセス等の詳細は、日本テディベア協会をご覧ください。
ミニチュア | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。