スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

女王

2007/08/30 Thu 21:58

最近、エジプトの身元不明のミイラが、
実はハトシェプト女王だったということがわかって話題になってましたね。
科学の発展のおかげで、CTスキャンを使うことにより、
謎だったことがだくさん解明されてきているようです。

ツタンカーメンの死因も、CTスキャンにより徐々に明らかになってくるそうですよ。
昔、某有名霊能力者がエジプトで、ツタンカーメンの死因を彼女の霊能力で探る
とかいう番組があって、(若干うろ覚えだけど)彼女は番組内で、
博物館内に展示してある壺を指し毒殺されたと発言。そのときワタシは、
「えっ?!そんな昔のことまでわかっちゃうの?!」
なーんて信じちゃったりなんかして、
でも後年、彼女がインチキだったという記事が雑誌にでて、
それっきり忘れてましたが、数年前ディスカバリーチャンネルで
ツタンカーメンの死因を探る番組をやっていて、
その時点では(ワタシの記憶では)、確かツタンカーメンは生まれたときから
首と背骨が曲がっていて、
ちょっとした力が入っただけでも折れてしまうらしく、
これが折れていて(だったかな?)、事故で折れたのかそれとも
寝ているときにグッと力を入れられて損傷したのかは謎・・・って話をしてました。
今後、また新たな事実が出てくるかもしれませんね。

・・・ということは、やはりこの霊能力者は・・・。

ワタシは本場?のミイラを、エジプトで見た事があります。
大分前にエジプト旅行した際に、カイロ博物館で見ました。
ミイラの部屋は湿度とかの保存の関係で、
確か他の展示物とは別室にありました。
感想はですね、不思議な感じ。
だって、目の前にある身体は遥か古代に存在していた人で、
その身体が干からびた状態とはいえ、現代にまだ残っていて、
今から何千年も前にしゃべったり動いてたりしてたんだなぁ・・・と。

ツタンカーメンの遺品のコーナーでは、
いろいろな物が展示されていたのですが、
個人的に感動したのが、パンツと手袋。
こんな時代からあったんですねぇ~。
てっきり王族はミニスカートみたいなのを履いてるだけで、
ノーパンだと思ってました~。
雑談
« 資料 | HOME | 巨匠 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。