スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

びっくりした

2008/08/04 Mon 19:38

漫画家の赤塚不二夫先生の訃報を聞いて、びっくりしました。
この方は、死とは無縁のような気がしていたんだけど・・・。
しかも、前妻さんも数日前に亡くなっていて、仲良く逝ってしまった感じ・・・。

子供の頃、天才バカボンは見ていたなぁ。
どの話もおもしろかったけど、個人的に、一番印象にあるのが
バカボンパパの、バカ田大学時代の同級生で、手だけのお友達の話。

(かなりうろ覚えだけど)バカボンパパ自身も、手だけしか見た事がなく、
本体(胴体部分)は見た事がない。ひょんな事から、この友人の家へ
遊びに行ったんだけれど、お茶を出すときも、ふすまの間から
手だけが出てきて、お茶を出し、会話もふすまの向こうから。
当然、姿は出さない。この人には奥さんと子供がいるんだけれど、
やはり姿は現さず、ふすまの向こうからこんにちは。

バカボンパパがなんとかして、姿を見ようとするのだけれど
相手は絶対に姿を見せず、家中追いかけ回して、
なんだかかんだでドタバタしているうちに、
すき焼きのガスコンロをひっくり返して家が火事になっちゃって、
バカボンパパとバカボンは逃げ出すことが出来たけど、
この手だけの一家は逃げ出さず、家は全焼。
焼け跡からは、手だけが出てきたというお話・・・。
バカボンの数多くあるエピソードの中では、ミステリーな話でした。

先生の訃報を聞いたとき、この話を思い出しました。
ご冥福をお祈りいたします。

雑談

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。