スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
注ぎ口のついた、ちょっと小さめのミキシングボウルを作りました。
納豆を混ぜるのにグー?
b716.jpg

さてさて、ここからが初の試みでもあり実験でもあります。
過去最高レベルで、成功してほしい!うんにゃっ!成功したい!と思ってます~。
透明のキャニスターの原型を作ってるのですが、
形は外側も内側も丸形。んでもって中は空洞のもの。
今まで作って来た内部が空洞のボトルは、寸胴型なので
それほど難しくもないのですが、今回は、内部を丸い空洞にしたいので、
今までの方法だと内部が丸くならず。なので、複製時、半身を二つ作って
それらを接着する手法をとります~。
きゃぁ~。

まずは外側の形成から~。溝のあるデザインにしました。
このデザインだと、継ぎ目が目立たなくてええかなーと。
ある程度形成したところで、半身同士を接着した時点で
ちゃんと丸くなるか写真を加工してチェック。
写真左は半身部分一個。写真右は合成したもの。
この時点では大丈夫そうです・・・。
ふぅ~。
jikken1.jpg

続きまして~、半身上部に口をつけました。かぼちゃみたい。
形は様になってます。
よっしゃっ!
jikken2.jpg

問題の内部です。彫刻刀とリューターを駆使してくり抜きました~。
ここからは、完全に感頼りですよ。厚みも手探り状態。
あまり削りすぎると外側の溝部分とゴッツンコしてしまいますからね。
ギリギリのところまで削った~つもり・・・。
サフを塗って判明したのが、底部右下と左下の厚みが違う・・・。
恐らくこれは、外側の部分を若干削りすぎた為かなぁ・・・。
溝部分なので問題ないと強行に判断して、現在、型取りに入ってます。
ハラハラドキドキドキンちゃん。
jikken3.jpg

泣く結果か笑う結果になるか、今の所わかりませーん。
ミニチュア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。