スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

楽しかったー

2009/10/18 Sun 01:02

久しぶりにお芝居を観に行きました。
最後に芝居を観たのは何年前だろう?何を観たんだっけ?
ってぐらい久しぶりです。
演目は、大久保佳代子劇団第一回公演「尼と恥美」です~。
凄いインパクトのあるチラシだぁ。


小さな劇場で自由席整理番号付、係の人が「出来れば前の方に座ってくださいー」
と言っていたので、それならと一番前へ座りました。
一番前の席と舞台の距離はですね、舞台が机代わりになるくらい。
そう!座席も隣の人とぴったんこってぐらいの規模の小劇場なので
役者さんと至近距離ですよ。座ったら最後、トイレ等には行けないのだー。
だって、動けないんだもん。

話のオープニングは、光浦さん扮する尼さん(玄界灘百姓、設定は48歳)
が笑いを交えた説法の後、「なぜ私が尼になったのか・・・」
シーン変わって尼さんの若い頃(中学生から)を大久保さんが演じます。
大久保さん演じる「滑川恥美」はいつも話題の中心にいないと
気が済まなく、「女」全開で殿方の気を引いていきます。
例えば、黒板を拭く時、背伸びしながら拭く為セーラー服の下から
肌をチョロチョロと見せたりとか、小さなポーチを思いっきり見せながら
トイレへ行くとかして、田舎のクラスメイトの男子はそれを見て
「お~~っ!」と恥美に注目するのであった・・・。
も~この大久保さんの芝居が最高だった。おかしくっておかしくって!
恥美の波瀾万丈?な人生はどんどん進みます。
時折、シリアスな展開が少しありつつも、やはり笑いを絡めていく
(作・演出が光浦さん)すごいな。おもしろい。
妙なエロ女ぶりを出させたら、大久保さんは最高です。
久しぶりに大笑いしたー。また次回作があったらぜひ行きたい。
雑談
« 原型製作中 | HOME | 完成 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。