スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

美術館

2009/12/13 Sun 01:37

上野で開催されている、「古代ローマ帝国の遺産展」へ行ってきました。
今から約2000年前に作られた、大理石の彫刻などがたくさん展示されて
いました。建物の柱に使われていた女性像やかなり大きな
ローマ皇帝の石像などもあり、あまりの大きさに
思わず「でかっ!」。完成具合が細部まですばらしく、
口元が微笑んでいる女性の口の中は、数ミリほど空洞状態
になっていて、唇の真ん中あたりは殆ど閉じている
状態なのに、どうやって彫ったんだろう?どんな道具を
つかったのかしら?と彫刻芸術ドシロウトのワタシには
謎の世界でした。薄い布をまとった女性の身体に
布がピタっと吸い付くような感じで、ドレープが表現されていて、
大理石なんだけど柔らかく見えた。人間の技術&芸術ってすごいね~。
全裸のアポロン像などもあり、後ろへ回っておしりチェック。
きれ~な形のおしりでした。(=v=)
b843.jpg

所変わって~、池袋をウロウロしました。
地方の方のためにちょっと説明を。
今年、池袋の地下に「Echika」というショッピングストリートっていうのかなぁ。
おしゃれなお店やフードがいっぱいあるお店が出来まして、
そこのイメージキャラクターが、このEchikaちゃんという
ウサギのキャラクターなのですよ。
b844.jpg

このEchikaちゃんを見たとき、
一目会ったその日からー!恋の花咲くときもあるー!(←懐かすぃ・・・)
ってぐらい、「あ・・・あんた・・・なんて可愛いのっ!!!(≧▽≦)」
ってぐらい惚れてしまったー!めっさかわいいぃぃぃっ!!
この日、本屋さんでたまたま、ドーリーなんとかっていうお人形に関する
雑誌を見つけて、その雑誌に、このEchikaちゃんを作った
作家さんのインタビュー&製作行程が載っていました。
このEchikaちゃんではない、同様な感じのクマさんの製作行程で、
「おおっ~。こうやって作っているのかぁ!」と感動。
へぇ~ボタン連打しまくりです。驚いたのが、このタイプの
人形の顔部分は、ワタシは頭部が全部樹脂なのかと思ったら、
この作家さんの場合は顔部分のみで(複製するときは片面取り)、
顔を包むような感じでファーを接着して、後頭部から綿を詰め込む
という方法をとっていました。
(ワタシはぬいぐるみや人形制作に関しての知識はほとんど無いので、
もしかしたら大体このパターンなのかな?知らなかったので感動。)
ミニチュア製作もそうですが、制作方法はアイデア次第で
いろいろなテクがありますね。すごい~。

で、先月の下旬ぐらいに同じような場所に「Esola」という
ショッピングビルも出来て、EchikaとEsolaの両方の店で
スタンプラリーをやっていて、買い物をしてスタンプをあつめると
Echikaちゃんのストラップがもらえるということで、
ちょうど双方で買い物もしたし、ストラップをゲットしましたー。
b845.jpg

机の上に飾っておきます~。(使うとハゲる&汚れちゃうもん~)
雑談

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。