スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今年もよろしく~

2010/01/07 Thu 18:19

少し遅れましたが、あけましておめでとうございます~。
今年もよろしくお願いします~。
今年は、平泉成の物まねをマスターしたいと思います。
(出来そうで出来ない・・・)

それはどうでもよくって、えっと~、昨年の年末は友人と会ったり、
大晦日の前日と当日は、お笑いライブを見に行ってました~。
去年の師走早々、テンションがた落ちになる出来事がありまして、
それをぱぁ~~っ!と笑いで吹き飛ばしちまおうと、
2日連続3部構成で行われた、「大川の大忘年会」という
大川興業所属芸人によるトークライブへ行ってきましたー。
(ワタシは3部構成のうちの1部と2部へ)
そう!大川興業とは、エガちゃんが所属するお笑い事務所ですっ。
第1部は、大川総裁とエガちゃん、寺田体育の日という芸人による、
テレビでは決して放送できない内容のトークライブです。
ライブ最後、観客席を阿鼻叫喚の大パニックにした演出で終了~。
(大川興業のライブは、客席を巻き込む場合もあるのだー)
エガちゃんは客席へダイブ、女性客を捕まえてました~。( ̄ー ̄;
き、気の毒・・・。

翌日第2部は、大川総裁と裁判傍聴芸人、
阿曽山大噴火さんの裁判傍聴トークライブ。
ゲストに、法廷画家の染谷さんという、
テレ朝専属の画家さんが登場しました。
(テレ朝のニュース映像で使われる法廷のイラストは、
染谷さんの作品だそうです。)
法廷画家が感じた、「ほぉ~」というような裁判の裏側?のお話を
してくださいました。
例えばね、大きな裁判の場合(最近でいうと、のりPや押尾学ね)
法廷内で描ける時間は5分しかないそうで、画家席というのが2席しかなく、
その2席を他局の法廷画家とくじ引きをして順番を決めて、
5分経ったらチェンジという具合になるそうです。
(下手すると、判決の言い渡しがすぐ終わってしまう場合もあるらしく、
順番が回ってくるのが遅いと、そのときは描けずに終了~と
なってしまう場合もあるとか。)
記者席を交代で座るパターンもあるらしいです。忙しいねー。

描いた絵への色付けは、法廷内では出来ないので、外(ロビーとか
屋外ってことかな?)で塗るそうで、
外で色を塗っていると、通りすがりの人がその絵を見て、
「あんた絵うまいねー」って話しかけられるときがあって
しかもその人が隣に座り込んで「あんた出身どこ?」って
こっちは昼のニュースに絵を間に合わせなきゃいけないから
それどこじゃないっ!ってとこだけど、邪険にも出来ないので
大変だみたいなことを言ってました。
かなりおもしろいおじさんでした。

さっきでた2大芸能人の話に関しては、押尾の方は眼光が鋭く、
のりPに関しては、女優さんだなと思ったそうです。
(理由はぽろぽろ落ちる涙を拭かなかったからだそうです。
一種の職業病かな。)

ライブの話はこれでおしまい~。ちょこっと話変わって
「尊敬する人は誰ですか?」って聞かれたら、
ワタシは「大川興業の大川総裁です!」と言っちゃうね。(笑)
この人の生き方は実にユニークで、ハチャメチャなとこもあるけれど
筋がきちんと通っていて、自分の強い意志と意見、信念をもって
行動している方だと思います~。政治や犯罪、ありとあらゆる
時事ネタにも精通していて、ちゃんとガッチリと細かいとこまで取材をして
的確なプロファイル、そして笑いに変換するというすごい技を持って
いる方だと思います。総裁の書いた本から勇気と笑いをもらいました。
んでもって、著作本やライブでの話術からみて、人に対しても、
すごい思いやりと人情にあふれている人で、細かい気遣いも出来る人だと思う。

例えば、阿曽山さんの裁判傍聴トークライブのときには、総裁が聞き手役に
なって彼の話をおもしろおかしく突っ込み&解説してくれるのですが、
阿曽さんって、「ボケ殺し」みたいなところがあって(ワタシはそう感じている)、
総裁がボケても、「そうじゃなくってー」みたいな感じで真面目に答えたり
してるときがあるのですよ。初期の頃の阿曽さんは、ぼそぼそ話す&
おどおどした感じの人で、観客にとっては彼の解説がわかりづらかったことが
あったのですが、それを総裁がうまくフォロー&観客にもわかりやすく
説明し直してくれたりして、それに対して阿曽さんは「総裁、さっきから僕の
言った事繰り返して言ってますね。」と言ってしまうのであった・・・。
このときの総裁は、穏やかに「皆さんにわかりやすくさらに説明してるんだよ。」
と言ってました。このときワタシは、「あ、この人すごい!」と思いました。

今回のライブで、途中10分ほどの休憩があって
(ライブトータル約3時間半でした)
休憩開けに阿曽さん「この10分の休憩って必要でしたかねぇ?」と。
(あぁ・・・)それに対して総裁「おまえの濃厚な
裁判傍聴報告聞くために、お客さんには必要なんだよ。」
みたいなことを言ってました。阿曽さんの話はマニアックで
おもしろいんだけど、話にメリハリがないので(^_^;
途中でこっちの集中力が切れるのだ・・・。

大川興業のライブでは、ときに客いじりをするときもあって、
まぁ相手は素人だからおもしろい事言わなかったりする場合も
あるのだけれど、でもそれをおもしろおかしく、当人に恥を
かかせないようにうまくやってくれるのです。
ライブを見ていると、観客やゲストへの気遣い、そして
盛り上げてくれてるなっと思う。

さて!笑いで厄払い&パワーチャージもしたところで、
3月の展示会へ向けて、制作開始です~。
ヒーハーッ!
雑談

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。