久しぶりのがっつりHow toものでございます。
先日作った壁掛けタイプのプランター&植物の私流の作り方です。
今回写真は、クリックすると大きくなりますので、
細かい所まで見られるかなぁと・・・。あまり変わらないかな?
(FC2のブログをお持ちの方ならご存知だと思いますが、
サムネイルってありますよね?以前、サムネイルでやったら
ブログがおかしくなってしまったことがあったので、
今回ちょっとドキドキでした。)
プランター自体の完成サイズは、約1.5cm×1.5cmです。

それでは、いっちょいってみよー!

まずはプランターから。あらかじめ石粉粘土で
厚さ1ミリ弱の板と半球体二つ用意しておきます。
半球体ひとつは、失敗したときのための予備です。これがあると
なぜかリラックスして作れ、失敗率が低くなるのだー。
お守りみたいなもんだろか?


半球体をさらに半分に切って、1/4状態にします。
数本ラインをいれて、カッターやヤスリで溝を彫刻をします。
pla2.jpg

私が使っている道具です。デザインナイフと紙ヤスリ、スポンジヤスリで
形成していきます。
pla3.jpg

次に、壁掛け部分をつくります。
石粉粘土の板に自分の好きなデザインに作ります。
今回ワタシはバスケットをイメージしてつくりました。
pla4.jpg

バスケットの持ち手部分を描き、カッター&ヤスリで彫刻します。
pla5.jpg

先ほどの1/4球体の内側を浅くくり抜きます。決して深くは彫らないこと。
深く彫りすぎると、型取りが困難になるためです。
植物を植えることを前提に作るので、上げ底状態を作ります。
pla6.jpg

内部をくりぬき、壁掛け部分と接着しました。
pla7.jpg

グレーのサーフェイサーを塗ります。グレーに塗ると、
白い状態では見えなかった粗などが見えます。
調整箇所を発見したら直す事。
あと、石粉粘土の短所で、表面が毛羽立ってます。
スポンジヤスリで表面を滑らかに整え、
再びサーフェイサーを塗ります。
pla8.jpg

さて、型取り作業に入ります。写真のように準備してください。
型取りの詳細は、本サイトのギャラリーに
記載してありますので、そちらをご覧下さい~。
pla9.jpg

片面取りの型が完成しました。
プランター内部の深さが浅いので、片面取りで大丈夫です。
ただ、複製品を取り出すときに、若干大変かもしれませんが、
ゆっくりと丁寧にやれば問題ないです。
pla10.jpg

左は原型、右はウレタン樹脂の複製品。
ヤスリをかけて整えます。
pla11.jpg

壁にかけるために作るのなら、下地を塗る前にリューター等で穴をあけておきます。
着色する前に、かならず下地(サーフェイサー)を塗ります。
これを塗らないと、うまく色を着色する事が出来ません。
pla12-2.jpg

さて、ここからは植物の作り方ですが、
作っている最中の写真を撮り忘れましたー。へへへ・・・。
なので、簡単なイラストで説明します~。
pla13-2.jpg
pla14-2.jpg

以上、こんな感じで作りました。今回紹介した原型作りは、
いろんな小物作りに(例えば食器など)応用が利きます。
ワタシは石粉粘土の固まりを作ってから削り出し作業で
形を作ってますが、もちろん柔らかい粘土状態から形を
作るのもありです。これは好みの問題ですので、
いろいろと試してみて、自分の方法を見つけ出してください~。

本日は、長々とした文面でしたが、
最後まで読んで頂き、ありがとうございました~。

作り方(ミニチュア) | コメント(2)
コメント
Hi~ my name is dudu.
and from Taiwan
I'm very like to make some handicraft
I saw your ミニチュア
(I can't read japanese @@)
I want to know how to copy!
use what material?
Hi dudu!
I wrote this how to copy in English in my English blog.
Please read there. ;-)

http://la-cocina-alegre.blogspot.jp/2010/06/tutorial-planter-and-plant.html

Thank you!

管理者のみに表示
« 苺づくし | HOME | 観葉植物 »