難しいー

2010/06/20 Sun 01:16

ワタシはミニチュアフードや食器などを作るとき、
例えば、食器や容器類は、ネットや雑誌、お店でモデルを見つけ、
忘れないうちに「こんな感じだったかなー」って感じで
簡単&雑なスケッチを描いて、そしてそれを種に脳内イメージで作ります。
この時点で、写真やスケッチは見ません。
お菓子や女の子をモチーフにして作ったキャニスターは、
「こんなデザインのがあったら楽しいなー、欲しいなー」
って感じなのでモデルは無し、完全脳内イメージ。
この脳内イメージ。ワタシはぽってりした丸みのある
フォルムが好みなようなので、ワタシの作風は丸みがあるのでしょう。

フードに関しては、出来るだけ実物に近づこうと
努力するので、参考写真なり実際のフードをガン見して、
自分が出来る限り、リアルに近づけようとします。
多少の可愛さも入れてね。

で、上記のミニチュアフード制作時の癖が、
イラストを描くときには、悪い癖となって出ちゃうのだ。
主に、食べ物+人(キャラ)などがセットになった絵を
デフォルメ状態で可愛く描きたいのですが、
まぁキャラは完全脳内イメージだからいいんだけと、
食べ物は、やたらリアルに近づけようとする癖が
知らず知らずに出てしまい、イマイチ可愛さに欠けてしまう・・・。
途中で気づき、「リアルを目指すな~目指すな~」と
呪文を唱えるけど、どうしても抜けない~っ。
先生がね、「描きたい物の写真とか見ながら描くと、写生に
なってしまうので、一回見たらもう見ない。
覚えているイメージで描くと良い。」って良い事をおっしゃってさ、
おーっ!なるほど!と納得しつつも、やはりどこかで
「えっと~あそこどうなってたかな?」って詳細に描こうと、
現物を見ようとする癖が出ちゃう。
そういえば、先生のおっしゃった事、知らず知らずのうちに
食器作りでやってるね。こういうことか~。

考えを切り替えなきゃダメっすね。
う~頭の中にもう一個、切り替えスイッチを増設せねばー。
ミニチュア | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示