スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本の話2 女の友情とは?

2010/10/21 Thu 21:43

光浦さん大久保さんのお笑いコンビ「オアシズ」による
文通スタイルのエッセイ、「不細工な友情」を読みました。
この二人は小学校からの付き合いだそうで、
気心が知れているということもあり、お互いに物事どストレートに
言うこと!普通なら喧嘩やもめ事に発展すると思うんだけど、
この二人の共通の職業「お笑い」ということもあり、
どんな事でもネタに変換して笑いをとるので、
まぁ腹に多少は溜まっているのかも知れないけれど、
それでも言いたい事や、お互いの過去や癖などを容赦なく突っ込んでたりする。
「私の事わかっていませんね。」とは言ってるものの、
実際は十分わかり合っているのだと個人的には思います。

光浦さんが大久保さんに言いたい事の一つとして、
「すぐ「~のふり」をするんだから」との事。
女優さんが寒いから膝掛けをすると、
実際は大久保さんは寒くないのに、
自分も寒いフリをして膝掛けを求める大久保さん。
大久保さんはそんな女優さんじゃないんですからね。と光浦さん。
そして、大久保さんは一目を気にする性格で、
他人から良く見られたいそーです。
(意外と「気にする」タイプかな?)
そうそう、大久保さん曰く、「妄想はホルモンに良い」とのこと。
(嘘か本当かは謎です)
大久保さんの妄想内容は、もうおわかりでしょう・・・。

あのときはあなたはあーでしたね、こーでしたねと昔の思い出話もあり。
たとえ酷い内容でも、お互いわかりあって職業病ということもあり
これも笑いに変換していますが、これも二人だから出来る技。

読んでいて思ったのは、この二人は頭の回転がものすごく速い人だと思います。
読んでいてすごくおもしろい。テレビでは変わり者に
映っている二人ですが、この頭の回転の早さは、ワタシの憧れです~。

おもしろいもの | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。