スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本の話 クヒオ大佐

2010/11/06 Sat 12:40

先日、「クヒオ大佐」という映画を観まして、
詳細が知りたくなり、これの原作本?みたいな文庫を買いました。
皆さんクヒオ大佐ってご存知ですか?
この人は80年代の有名な実在の結婚詐欺師のおっさんです。

このクヒオ大佐は80年代と90年代にも結婚詐欺で捕まっており、
この本は、再び出所後のクヒオ大佐が
また結婚詐欺をやろうとしているという情報をルポライターがキャッチ。
クヒオ大佐の内縁の妻のヘルプ要請&協力や、そのときにちょうど
クヒオに騙され中の女性の協力を得て、彼をまっとうな
人間に戻す・・・という内容のルポルタージュです。
これがなかなか一筋縄ではいかないんだな。
(映画は本の内容とはまったく違います。映画はコミカルに描かれてます。
リアルを求めるなら本の方がおもしろい。)

名はプリンス・ジョナ・クヒオ・エリザベス大佐。
「母はエリザベス女王の双子の妹、父はカメハメハ大王の末裔、
職業はアメリカ空軍特殊部隊のジェットパイロット」という自称と共に、
外見は髪を金髪に染め、整形で鼻を高くして
外国人を装い(実際は純日本人です)、
外国人特有のアクセントで日本語を話し、
服装は常にアメリカ軍人の服装という出で立ちで、
無線機を持ち歩き(畳の間等でこの無線機で通信しているフリをしてたそう(笑))
自分の戦歴を事細かく自慢げに話し、
相手の女性に「あなたは私と婚約スレバ、軍から5000万円、
結婚スレバ英国王室から5億円が支給されマース。」
という甘い言葉で女性を引っ掛け、しばらくすると
「急な作戦でやむえず軍のお金を2千万円使ってしまいまシタ。
これがバレると軍法会議デース。あなたと結婚出来まセーン。
お金貸してくだサーイ。」と相手女性に持ちかけ、
見事お金ゲット出来ると、これから戦地へ行く、いつ帰るかわからない。
と言って、そのまんまドロン。そこで女性は騙された事に気づくという・・・。
被害総額は一億円以上だとか。

初めてこのおっさんがマスコミに登場したとき、
友達と思いっきり笑った。だって、見るからにうさん臭いだもーん!
キャラとしては最強に滑稽。
少女心に、「なんでこんなのに騙されるわけ??」と思った。
このおっさんは常に米国軍人の服装、時には派手な礼服?を着用していて
そのあたりをふつーに歩いてたり、飲食店へ入っていたわけですよ。
元祖コスプレ王みたいな感じか。
(軍服は米軍から流れて来た品物を扱うアーミーグッズ店で購入してたそう。)

こいつに騙された女性は驚く事に一人ではなく
複数いて、ほんとどうしてこんな嘘丸出しの大嘘にひっかかるんだろう??
「戦闘機から電話してマース。これから爆撃デース。」と
電話かけてくるんですよ。実際は側でラジオ?をガーガーピーピー
させながら電話してたそうです。・・・おもしろいじゃん。
逆に、あまりにも荒唐無稽すぎるから?自分とは無縁の世界だと
イマイチわからない、ピンと来ないこともありますよね。
話しがちょこっと逸れますが~、以前のパート先に
「自分は元音楽業界にいて、今はテレビの編集の仕事をしている。
J事務所のタレント達とも仕事をしていて彼らと超仲良し」という女性がいました。
彼女は日頃の仕事内容や、タレント達との華麗なる交友を話してました。
私はテレビ業界の細かい事は知らんので、「へぇ~あの人そんな
とこにいんの~?へぇ~。でも・・・テレビの仕事が忙しいのに
なんでここにパートに来てるの???」・・・と、
所々不自然な点はあった。そう、所々不自然なはず。
なぜなら・・・その話しはぜーんぶ彼女の妄想だったからー。ひぃ~~~っ!!
業界に勤めた事があり、同僚でもあるワタシの友人が、
「ありえねぇ」ということで、彼女の虚言がバレたのでしたー。
もし知識のある人が側にいなかったら、信じてた・・・。
(世間には、J事務所のタレント達との(妄想の中での)交友を語る
妄想さんの存在を聞いた事があったけど、まさかホンモノに
遭遇するとは思わなかったぁ・・・。びっくり。)

ワタシの感想だけど、クヒオ大佐も恐らく妄想虚言癖がある人で、
まぁ一種の精神の病かなぁ・・・。
クヒオ大佐に騙された女性達も、最初は疑うんだけれど
常に彼は「米軍の優秀なパイロット」を演じている&
自分もそう思っている、まことしやかに話すので
相手の女性も信じてしまったのでしょう。
騙された女性の中には、自分の親兄弟も巻き込んでしまった人がいて、
その人たちはクヒオ大佐の「肩書き」に目がくらんでしまったのも事実。
だまされた当人達もそう。人間は肩書きに弱いものですもんね。
隣近所の人や、職場の人に自慢げにクヒオ大佐を紹介するんだけど、
大概「おかしい・・・」と思う人がいて、それを突っ込まれると
怒ってしまったり、心のどこかにうさん臭さは感じてるんだけど、
でも「米軍の優秀なパイロット」なので、
まさか!とその疑惑は消してしまったそう。
(人の意見はとりあえず素直に聞く事ですねー。)
一応、疑いは持つけれど、クヒオ大佐の嘘が巧みなため再び信用して
最後にはお金を盗られてしまったのでした。
騙された女性の中には、クヒオ大佐の子供まで産んでしまった人もいて
「籍をなんとかしてください」と言うと、大佐はある北海道の日本人の
男の戸籍にとりあえず入れなさいと言い、戸籍謄本を持ってくるのですが、
じつはそれはクヒオ大佐の戸籍謄本。しかも大佐は自称「35歳(だったかな?)」
とは言うけれど、実際は60近いバリバリおっさんなのでした。
相当、質が悪いです。

こんな質の悪い男なのに、彼を支える内縁の妻がいて、この妻はなんと元被害者!
笑っちゃうのが、クヒオが出所した当日、行く当てがなかったので
この女性の元へ、「米軍に復帰しました。」と来たそうです。
もう米軍人じゃないのはバレてるのに・・・。病気ですぜ・・・。
お笑い的に見たら、なんておもしろい奴なんだっ!
この妻は50歳で、彼が再び詐欺進行中だったとき、
彼に再び服役させないために、自分の貯金から彼がだまし取ったお金を
女性に返したのでした。口座はスッカラカンになり、後がもうない、
クヒオと一緒に人生をやり直すことにしたのです。がっ!
妄想の世界で生きる男、クヒオ大佐と人生やり直すまで、そう簡単にはいかない。
最後にかる~く一悶着あり、クヒオ大佐と故郷へ行くのでした。

ワタシにはまったく理解が出来ないけれど、こーんなロクデナシの最低野郎に
情を抱く女がいるんですなぁ・・・。うーん、ほんとわからんっ。

「少しでも疑いを持ったらまずは事実確認」っていうのは鉄則ですね。
(このクヒオにドロンされた後に、米軍へ確認したらそんな人物は
いないという事が判明して、騙されたことに気づいた人もいたみたい。)
あとは、強い思い込みも危険ってことですねー。
そして・・・金銭を要求してくる相手とは速攻縁を切れっ!


おもしろいもの | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。