スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

むむむ・・・

2010/11/23 Tue 00:10

「かいじゅうたちのいるところ」っつー映画を観ました。
原作は有名な絵本らしいです。
物語は、主人公の8歳の少年は姉にも母親にも
かまってもらえない日々を過ごしていて
(ねーちゃんは自分の同年代の友人達と遊び、
母ちゃんは仕事とボーイフレンドとイチャイチャマンボで忙しいのである)、
ある日母親と喧嘩して家を飛び出し、
湖?にあったボートに乗って海を渡り、
かいじゅうたちの住む島にたどり着きます。
(かいじゅうたちはまぁまぁ愛嬌のある着ぐるみタイプ)
このかいじゅうたちが、やたら暴れるわお互いボディアタック
を繰り出すわで、なんだか危ない印象のある人々・・・いや、かいじゅうさん。

かいじゅうさんの姿に興味があったので観たけれど、
物語スタート時からなんじゃらほい?って感じで、
40分くらいの時点でだんだんめんどくさくなってきた。
だけど、最後のオチはなんだろう?夢オチか?それとも
ボートが遭難して意識不明状態からの復活オチか?と気になったので
がんばって観たけれど・・・、オチは普通にボートに乗り、
再び家へ帰ってきて、母ちゃんと抱き合って和解して終了~。
・・・・・・・はぁっ?!!!ということは、
マジにかいじゅうたちの住む島が存在していて、
そこにたまたま行って冒険して帰って来たってことっ?!!
う~~・・・なんじゃこりゃぁっ!

久しぶりに、「時間返せっ!」って映画でした。
(個人の感想でーす。)

雑談 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。