スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

はじめて~の~

2010/12/09 Thu 20:52

チュウ~・・・じゃなくって~、FIMOです。
FIMOというオーブンで焼く粘土に挑戦しました。
使用目的は、ストラップを作るためです~。
ストラップにするためには、やはり強度と耐水性が欲しいので、
オーブン粘土を使用する事にしました。
まずは作ったものの紹介~。じゃーんっ。
ホイップクリームを乗せたカップケーキ、トッピングはスマイルクッキーでっす。


サイズは気にせず作りました。でもいつもの1/12の世界よりデカいぜっ。
完成したとき、思わず「ふっ」と笑いが出ちゃったよ。
なんか・・・愛らしいじゃーんっ!デフォルメにしたし。
こいつは上出来だぜっ。ちょっと病み付きになりそうっ。
かなり楽しい。ストラップ職人目指そうかな。うふふ。

がっ!粘土がいつもの調子と全く違うのであーる。
いつも使っている樹脂粘土(グレイス)はものすごく柔らかいのに対し、
このフィモ粘土は、とにかく固い!コシがある、ありすぎる。
最初はブロック状態で、ヘラやカッターで使用分だけ切り取るんだけど、
例えるならなんだろうなぁ。酒粕の粕を固めた感じ?
断面はポロっていう感じ。そのままだと使えないので、
手の温度などで暖めて柔らかくして
練って練って練りまくって柔らかくしていくの。
夏場ならともかく、冬場の手の温度は状況によるので、
う~ん秀吉のように、懐に入れて暖めるか・・・。
(コタツに20分ほど入れるといいらしいんだけど、
うちコタツ使ってないし。)
柔らかくなっても、それでも結構な固さです。
硬化しはじめの石粉粘土って感じだろうか。とにかく指がいたーい。
仮に毎日練ってたら、2年後には、クルミの殻が片手の指だけで
割れるようになるんじゃないだろか・・・
そう錯覚させるぐらい力がいる。

あとは、練ってるときの色落ちがすごい。指やボードに色が付く~。
違う色を使うたびに手を洗わなければなりません。冬場はたまらんぞな。
例えば黄色を練った手で、洗わず白い粘土を触ったらそれに色が付いちゃう。
あとね、話には聞いてたけれど、埃の混入がハンパないな。
手をはたきながら練ったり触ったりするんだけど、すぐ入ってる。
空気清浄機を側に置いて作業した方がいいのか・・・。
個人的に感じた扱いに関したデメリットは上記ぐらい。
メリットは、コシがあるので形が非常に作りやすい。
ほんの少し力をいれて触っても型くずれしない。
(樹脂粘土に同じ力具合で触ると、くずれちゃう)
あとは自然乾燥ではないので、手早くやる必要がなく
ゆっくりと作業が出来ていいね。食器制作などに使えるかな。
少し研究してみましょう。

いろんな色を揃えたいところだけれど、個人的な感想、
この粘土は一個のお値段が結構いい値段・・・。
使用頻度がそんなに無い場合、ちと厳しいねぇ・・・。
アクリル絵の具って混ぜて使えないのかな?
もうちょっと調べてみましょうかね。

あとは、久しぶりにバスケットを作りました。
久しぶりに作ると楽しいね~。
(作ってる最中、なぜか背中の筋を吊りました。イテテ・・・)
blo22.jpg


ミニチュア | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。