画家の話

2011/10/28 Fri 23:30

「101人の画家」という、ちょっと面白い本を見つけました。
世界的、歴史的に有名な画家の一生&経歴をイラストで
おもしろく解り易く解説してくれてます。
(ワタシ的には知らない人が圧倒的だけど。ははは)
裏話的ゴシップネタもあって、へぇ~へぇ~とへぇボタン連打です。
年表も書いてあるので、当時の歴史や、「あーこの年代の人だったのねぇ!」
とちょっぴりお勉強にもなります。(すぐ忘れちゃうけど(^_^;)


blo136.jpg

ラファエロの死因が、まぁオブラート10枚程に
包んだ言い方をすると、「女子と遊び過ぎ」が原因だったことを
初めて知り、ひぇ~!とびっくり。
あんな凄い絵を描く人がねぇ・・・。教科書には載ってなかったぞ。
って載せられないか・・・。

あとは・・・、難解っぽい絵を描く人は、精神構造が複雑だったようです。
凡人とは違う感覚だったから、後世に残す絵を描けたのでしょうね。
全体的に読んで思ったのが、大昔は、ずば抜けた天才が多かったんだなぁと感じました。
なるほど、なるほど。となった一冊です。


おもしろいもの | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示